11
2008

第一回ワークショップ:カリキュラム~シアターゲーム

CATEGORY未分類
神奈川県相模原市発、自分たちで作る英語劇を通して。
世界中、どこにいっても大丈夫!
英語と自己表現を身につけよう!

rogo

2008年1月7日:第一回目:ワークショップの概要

はじめに~
今年はじめて、実験的にはじめたワークショップ。
10人の生徒さんが集まって、4時間あっという間に終わってしまいました。
普段は出来ない、グループワークや、大人数での英語劇の稽古を通して、
英語力だけではなく、集中力や協調性、自己表現力を高めました。

みなさんのご参加、ありがとうございます!
今後も、日曜日や休み中に、ワークショップ企画中!


<時間割>

Lesson 1: シアター・ゲーム(90分)
         ~休憩30分~
Lesson 2: 英語劇、ピーターパン・3匹の子豚の通し稽古(60分)
Lesson3: 英語劇:"The Silly Little Girl and the Funny Old Tree”(60分)
※①時間おきに、10分間の休憩が入りました。

<カリキュラム>

1:シアターゲーム
2:オリジナル英語劇の通し稽古
3:プロの英語戯曲の挑戦

<レポート>

1:シアター・ゲーム
2:オリジナル劇
3:プロの英語戯曲の挑戦・通称・木の劇

<カリキュラム>
①シアターゲーム

芝居の世界で、俳優訓練のために使われるシアターゲーム。
そのシアターゲームに英語を取り入れました。
例えば、英語の単語を覚えるために、自分自身が動物になったり、構造物になったり。体を使うことにより、簡単に楽しく英語の単語が覚えられます。

また、シアターゲームは、想像力や演技力の向上以外にも、集中力、反射神経、記憶力、洞察力、協調性を高めると言われています。アメリカの小学校ではドラマ(演劇)の授業があり、これらのシアターゲームを教育に取り入れています。