27
2016

ティーンの為の、あったら嬉しい場所を目指して。



今日のお題は。「ティーンの為の、あったら嬉しい場所を目指して」

数日前。卒業生の。
入学祝いディナーで盛り上がりました。

3歳からのお付き合い、Yくんは高校入学。
4年生からのお付き合いのKちゃんは大学入学。

二人とも、今では私の良き相談役であり、仲間でもあります。
たまにスタジオに遊びに来た時には、ちろっとレッスンを見てもらったり。
生徒さんと交流してもらったり。
スクールのお手伝いもしてくれています。
そして、もちろん、遊んだり。

ESL Theatre Projectでは、卒業しても戻れる頼れるホームを目指しています。
いつも言いますが、私がティーンの頃にあったら良かったな〜って思う場所。
親でもなく、学校の先生でもなく。
色々相談できて、信頼できる大人がいる場所。

残念ながら私にはなかったので、自分で作ってみました。

おかげさまで。今ではたくさんの卒業生が、
スタジオに遊びに来てくれます。

そして、私も彼らから。今現在のティーンの事情をリアルに聞くことが出来。
本当に勉強になります。

そして。
その情報は、レッスンを通して後輩ちゃんたちに伝わります。

教育法は社会同様、刻々と変わるもの。
セミナーや本からでは学ぶことができない、
リアルタイムでの教育問題を提示してくれる、卒業生の力は絶大。

本当に感謝。

卒業しても戻れる場所。頼れる場所。集える場所。
目標は、奇跡的に国家を担う人材を大量に排出した、
吉田松陰の松下村塾!

そんなスクールを目指して!
日々精進!

相模原市南区(最寄駅:小田急線相模大野&小田急相模原)の
英語劇 ミュージカル スクール ESL Theatre Project
http://esltheatreproject.com