19
2016

レッスン2~ 中学生「失敗とは。挑戦しないこと!」



4月のレッスン2〜中学生クラス。

「失敗とは。挑戦しないこと!」

一年後の舞台に向けて、最初の半年は、台本を持ちながら暗記。
そして、演技の見せ方を探る時間です。

ここで一番大切なことは。
失敗を恐れず。
色々な方向性にチャレンジしてみて。
たくさん失敗すること!

答えが決まっていないお芝居の世界では、
自由に自分の答えが出せます。

欧米型学習では、論文・作文・スピーチなどで。
自分で質問を投げかけて、その質問に自分で答える。
その答えが正しいかどうかは、自分で決める。
これは、社会に出た時に大いに役にたつスキルです。

が。

答えが一つの受け身学習に慣れている日本人ティーンにとって。
自由に答えを出すこと、また、自分の導き出した答えが正しいと提示することは。
難しい。。。

ということで。

お芝居のリハーサルはとっても役に立つ学習。
同じシーンの中で、アドリブのセリフを入れてみたり。
感情やセリフの言い回しを変えてみたり。

新しいことにチャレンジして、どんどん失敗して。
失敗を恐れないメンタルを作る!

我が母校の工学院大学でも教鞭をとっていた、
畑村洋太郎教授の「失敗学」が流行りましたが。
失敗しないと、何も学べないですからね〜。

失敗とは。
挑戦しないこと!

挑戦に対して、一歩踏み出す勇気があれば。
世界も広がります!

❤︎と、挑戦することで出来上がったグループ写真。
左→超元気なマリア先生
中央→有能な秘書
右→マリア先生が大嫌いな事務所の副社長
のキャラ達でした。







キャラクター設定とセリフと演技に真剣な。ティーン!

相模原市南区(最寄駅:小田急線相模大野&小田急相模原)の
英語劇 ミュージカル スクール ESL Theatre Project
http://esltheatreproject.com