27
2011

古代ローマ人に学ぶ現代の生き方。

CATEGORY未分類
古代からローマ人は家族やご先祖様、そして神々を大切にしてきました。事ある毎に、祭壇に火をともし、お祈りしたそうです。


祭壇の跡。

ちなみに、宗教など関係なく、お祈りは、自分自身の精神を落ち着かせる効果があります。ちょっとした瞑想ですね。


大好きなカエサルのお墓。

ローマに関する著作で有名な塩野七生の本にもありますが、そんなローマ人は、お墓参りをしたり、仏壇にお線香を炊いたりする日本人と良く似ています。


中央の緑は、祭壇に火を灯すかかりの女性達が住んでいた場所。決して、火を絶やすなかれ、だったそう。

ギリシャが元になっているローマの神々は、まるで日本の萬の神様みたい。残念ながら、今の日本は忙しすぎて、古き良き伝統を忘れています。



ローマ人の様に、今一度先人の知恵を生活に生かしたら、日ごろのストレスも無くなるはず。方法。自分の祭壇を作り、一日の終わりに何かを燃やし、火を見つめるとスッキリするそうです。


古代ローマ。

これは現代人向けのヨガの教えですが、古代ローマ人も同じ様に祭壇に火をともしていました。ストレス社会の今こそ、古代の知恵はお薬になります。


ディオニューソス。ワインの神様。何かと演劇つながりの神様。頭がないのが残念。

ちなみに、私は遺跡マニアです。そして、シーザーとマークアンソニーとクレオパトラ、そしてアグリッパと言う、シーザーの甥の戦略部隊をこよなく愛する、古代ローマおたくでもあります。今回の観光は、全て遺跡がらみ。観光名所が無くてごめなさい!

0 Comments

Leave a comment