01
2008

金の斧と銀の斧:リハーサル1

イソップ童話、「金の斧と銀の斧」、英語だと
"Mercury and the Woodman"
(女神様(マーキュリー)と木こり)

登場人物の一人、女神様は「水星」の言語ともなった、
マーキュリー。
既に題名が難しい、と生徒さんたちに批判されながら。
とっても楽しいリハーサルが出来ました。

お話を簡単に説明すると。
貧しい木こりの女の子(原作は男)が大切にしている斧を、
泉に落としてしまう。新しい斧を買うお金もなく、
どうしようと泣いていると、そこへ現れたのが女神様。
泉に落ちた斧を探してくれるとの事。

女神様が見つけたのは金の斧。
「この金の斧はあなたのものですか?」と女神様が聞くと。
女の子は違う!と答え。
「この銀の斧はあなたのものですか?」と女神様が聞くと。
女の子は違う!と答え。
使い古しの斧を渡すと女の子は大喜び。
そんな正直さをたたえて女神様は金と銀の斧を女の子にプレゼント。

それを聞いた欲張りな女の子は泉に斧を落としますが。
女神様は見向きもしてくれません。

<リハーサル>
日本語と英語のミックスで、お芝居の全体像を把握。
小道具で、金の斧、銀の斧、普通の斧が必要になりました。
また、女神様の登場もユニーク。
水色の布(泉を表現)をかぶり、登場のときに布の下から現れます!

<今日のフレーズ・単語>
お家でも練習してみてください!

"A Woodman, at work, dropped his ax."
(木こりが仕事、斧を落とした!)
     ~1744年ジョン・ニューベリー作の詩より。

"She was very tired."
(彼女はとっても疲れてしまいました。)

"What should I do? "
(どうしよう!!)

"What happen to you?"
(どうしたの?)

”Is this your ax?"
(これはあなたの斧ですか?)

"Yes, it is. / No. it's not."
(はい/いいえ)

<単語>
森:forrest
木: tree
正直さ:honesty

最後に~
お芝居に関するアイディア、意見、等など。
ありましたらなんでもコメントくださいね!

にほんブログ村 英語ブログ 子供英語教室へ

0 Comments

Leave a comment