09
2011

楽しく踊って歌うだけで、英語の勉強になるの?なります!

歌を通して英語を学ぶ事で、キレイな発音習得できると同時に、
歌詞で何気なく覚えた文法フレーズや単語は、中学以降のテスト対策にもなるんですよ!

私の子供の頃の経験も含め、レッスンでは、幼稚園から小学生まで、沢山の歌を歌います。
そのほとんどの歌が、玉川学園小学部に通っていた頃に習った歌。
子供の頃に覚えていた歌を何気なくレッスンでも取り入れていましたが、
先日えいごのうた (玉川学園のこどもえいご)という本を読んで、
歌の取り入れ方、教え方は、玉川で習った事だった!と言う事に気づきました。

話は戻りますが。歌が、英文法にも役に立つと言う話。
端から見ると、「踊りながら楽しく歌うだけで、本当に英語の役に立つの?」
と思われるかもしれませんが、私の経験上、歌は素晴らしい教材です。
中学・高校と、ほとんど英語の勉強もしないで、なにげな~くテストの点数が取れていたのも、
歌のおかげ。

例えば)
The child takes a nurse, The child takes a nurse,
Hi-ho the dairy-oh, The child takes a nurse.

という歌があります。
The child takes a nurse.
この歌詞を歌で覚えていれば、"The Child" の後の動詞は、take ではなく、takes と三人称単数になる事は、
考えなくてもわかります。ネイティブキッズが英語を学ぶのと同じですね。

テキストのみを利用した文法学習だと、暗記するのも大変だし、忘れてしまったら最後。
しかし、歌で完璧に記憶した文法表現は、必要な時に歌いながら、サット頭の引き出しから出せるのが利点。
中学以降、ミュージカル楽曲を通して暗記した単語やイディオムが、
大学入試の模擬試験に出題される事も多く、大変役に立ちました。

と言う事で。歌の威力は凄い!と、私の体験からも自信を持って言えます。
レッスンでは、英語劇もリズムチャンツや歌風にアレンジしてありますので、
覚えたフレーズの定着率も高いです!将来、テストにも役に立つはず!

えいごのうた
お家でも歌いたい方は、是非おすすめの本です!

追伸:記事に登場した歌は、本を読んで思い出した歌!
歌詞を見ただけで、歌えました!最後に歌ったのは、多分20年くらい前!!!
歌って凄い!

にほんブログ村 英語ブログ 子供英語教室へ

0 Comments

Leave a comment