07
2011

上級クラス、読み書き強化。

インフルではない、風邪が流行中!皆様、無理していませんか?
2月の寒い時期、無理は禁物。普段の半分のペースで、ゆっくり過ごすのがベストな時期ですよ~!

小学生(もうすぐ中学生)の上級クラスにて、読み書きを強化中。
でも。ESL Theatre Projectでは、アルファベットや読み書きを早い段階では行いません。
なぜ?そこには、こんな理由があるからです。

「まずはインプット(耳で聞いて慣れる)そしてアウトプット(英語を言う事が出来る)そして、読み書き。」
聞いて慣れて、発音出来るようになって、英語を話せるようになって、そうしてようやく読み書きに入るのは、
日本人でも同じ事。

キッズの脳はやわらかく、幼稚園生でも百人一首を全部暗記する事は出来ます。
でも、内容を理解しないで、ひたすら覚えても、本人は「?」です。
そして、必要がないとわかったら、すぐに忘れます。
「凄い!天才!」と喜ぶのは、大人(特に親と先生)だけです。
何より、キッズにとって、インプット・アウトプットの基礎は大事です。

ということで。今日の上級クラスでは、さんざん練習して、頭と体にしみ込んだ英語フレーズや単語の読み書きに挑戦。フォニックスと違い、中学の文法的な事を含んだ練習。
基礎が十分に出来ている分、キッズもなんなく課題をこなし、満足した様子。
ちょっと簡単だったかな?来週はもっと難しくなります。

無理せず、欲深くならず、今現在の子供にとって必要な事を、
じっくり確実に教えて行きたい!
そんな思いで、今日のレッスン終了。

にほんブログ村 英語ブログ 子供英語教室へ

Tag:英会話 子供

0 Comments

Leave a comment