29
2010

キッズヨガサイト

知れば知るほど、面白くなるヨガ。
21世紀のストレス社会、特にアメリカはキッズのストレスも半端無いみたいです。
日本キッズも社会の閉塞感から、じわじわとアメリカ並みにストレスが!!!

そんなストレス大国アメリカでは、キッズヨガ熱が大フィーバー!
ヨガの効力を利用して、なんとかしてキッズのうちからストレスやストレスから来ると考えられている病気
(鬱とか、ADDとか、発達障害とか。。。もろもろ)を予防しようと、公立の学校でも授業の一環として取り入れられている現状。

まだまだ日本ではキッズヨガは未開の地。ですが、ESL Theatre Projectではちょっと先取り。
レッスンでも取り入れて、英語を学びながら、キッズヨガの醍醐味である、
身体能力・集中力向上をしながら、心と体をストレスから解放!
心身ともに健康なキッズ育成に取り組んでいます。

そこで!キッズヨガサイトを立ち上げ、色々な情報を提供して行きますので、是非見て下さい!
大人のストレス解消にも役立つ情報も満載!
出来れば、ファミリーで楽しくヨガを生活に取り入れてみて下さいね!

続きで、もともとヨガは人生の不安を取り除き、快適に生きる為の知恵であったのに、
時間が経つに連れ、ヨガ=宗教の構図が出来上がったか、
その理由を書きましたので、興味のある方は見て下さい。

にほんブログ村 英語ブログ 子供英語教室へ


最後に。宗教とヨガの関連性について。
現代では、体を柔らかくして、凄いポーズが出来るようになる事がヨガ、というイメージがありますが、
もともとヨガは、心の不安を取り除くために開発された道具。
(病気に対する恐怖とか、仕事が上手くいくかとか、家庭での不和等。)
ポーズを練習する事によって、脳がすっきりしてストレスや恐怖を取り除く事が出来る。
ポーズが大事なのではなく、ポーズを練習する事により、ストレスと不安を取り除く事がヨガの目的だったのです。なので、体の柔らかさやポーズの出来映えは関係ないんですね。
目的は、あくまでもストレスや不安を取り除くこと。いつの間にか、それが変わって行ってしまいました。

ヨガを継続すると、本当に気持ちがよくなります。
ちょっとした時間でもポーズをすると、すっきりして、軽くなります。
練習を続けると、体の血が通っているのが体感出来ます。
そして、ここ数年の悩みであった冷え性も緩和されました。
また、朝ポーズをとると、頭がすっきりして、1日快適です。

そこに目をつけたのが宗教家。
ヨガの「気分が爽快になる」という利点を悪用して、
気持ちよくなった所で、インチキじみた教典を教えます。
不安やストレスから解放された信者は、その宗教家が行っている事を丸呑み。
そんな事から、ヨガ=宗教の構図が出来上がりました。

特に日本では、オウム事件後、ヨガ=宗教の構図が構築されてしまいました。。。
でも、元々のヨガは宗教でも何でもありません。人生を楽しく生きるためのツールでした。
楽しく体を動かし、全身の血行を良くして、ストレスや恐怖から解放され、自分の人生を謳歌するための道具。
簡単に言うと、人生哲学です。

人生を楽しく、人と比べないで、自分のペースで、メディアにだまされず、
自分らしく生きるツールのヨガ。
レッスンでは、動物のポーズやファミリーでも出来るポーズを教えていますので、
是非ご家庭でも楽しみながら、ヨガを実践してみて下さい!

0 Comments

Leave a comment