03
2010

スピーチコンテスト優勝~Mちゃん!

第1回ESL Theatre Project スピーチコンテスト優勝者は!

小学3年生 Mちゃん!おめでとう!

Mahiro

参加した全員がみんなとっても上出来で、審査はとっても難しかったです。
Mちゃんの最大の評価ポイントは、「自分の言葉で」言いたい事をきちんと表現した事。私の町という内容で、自分の意見とその理由がきちんと構成出来た内容でした。

他、スピーチ原稿を読めるようになりたい!と、お家で特訓!おかげで、丁寧でスムーズな発音習得、難しいフレーズの読みも習得しました。スピーチ以外の絵本等もすらすら読めるようになったのは凄い!

最後に。諦めなかった事。締め切りが近づいて、覚えられないから文章を削ったキッズも多い中、最後まで難しいフレーズにチャレンジし、とても内容の濃いスピーチが出来ました。1分以下のスピーチが大半でしたが、Mちゃんは2分弱。長さも評価の対象です。

毎日の努力が実を結びました!おめでとう!
そんな所が評価され、今回優勝致しました。

☆いくら発音が良くても、プレゼンが上出来でも、「自分の言葉で英語スピーチ」が出来なければ本末転倒。
今回、内容について日本語で作文を作成する事が最大の課題!だったキッズも多いです。
結局、母国語である日本語が出来なければ、いくら英語を学習しても時間の無駄です。

レッスンでは、これでもか!と言うぐらいに意見を求める質問をしています。
「好きな花の色は?」「大きさは?」など簡単なものから、Why? ~Becauseで答える高度なものまで。
しかし、これらの簡単な質問にも「わからない」と答えるキッズも。
特に学年が上の小・中学生に多発中です!

○×式の学校や塾での教育では意見は求められないので、確かに難しい質問なのかもしれません。
慣れれば出来るようになりますので、是非お家でも訓練してみて下さい!
訓練方法は、とにかくキッズに質問する事。コミュニケーションを取るだけです。
お家でも話さない、友達とも話さないキッズが増えているそうなので。。。

来年も7月にコンテスト行うので、またチャレンジして下さい!

0 Comments

Leave a comment