29
2008

サマースクール~5日目

CATEGORY未分類
『先生』になって教えてみよう!もっと自身がつくよ!

今日はESL Theatre Project に新しい仲間が増えました!

新しい仲間を前に、英語で自己紹介!
簡単な自己紹介ならすらすらと出来るようになりました!

という事で。本日のレッスンは
全く初めて・最近始めた・ベテラン組に分かれました。
いつもの事ながら、学年もレベルもバラバラ。
そんなバラバラな生徒さんが集まった時には
「先生」になるチャンス!

早速ベテラン組には「先生」になってもらい、
「教える」というとっても難しくて身になる事を体験してもらいました。

ESL Theatre Projectでは生徒が先生になる瞬間が沢山あります。
年齢やレベルも関係なく、
自分が知っている事を知らない子に教える事。
それが、ESL Theatre Project 流の「先生」になる事です。
日本式の受け身の授業から飛び出して、
アメリカ式の自分で学ぶ姿勢をとる為の第一歩です。

自分が先生になって、他の生徒に教える事で、自分も復習し、
受け身の授業では出てこなかった「疑問?」も生まれます。

先生になれるのは、ほんの5分足らずの短い時間ですが、
この経験した生徒さんは、自分の英語に自身が付き、
自然にリーダーシップをとるようになります。
「先生」としてのプライドと責任感を体験し、成長します。

受け身の授業に慣れていると少し難しいのですが、
慣れれば大丈夫。「先生」になったときの顔は、
みんな生き生きしています。

また、同じ仲間が「先生」になる事で、
学ぶ生徒の学習意欲も変わってきます。
年上の「先生」が教えると~自分もやりたい!という
あこがれが生まれ、「先生やりたい!」とせがまれます。
逆に、同学年、年下の「先生」に教えてもらうと。
ライバル意識に火が付き、普段以上に集中力が増します。

明日のレッスンでも、新しい「先生」が登場しますよ~

にほんブログ村 英語ブログ 子供英語教室へ