02
2010

スプリング英語劇~後半レポート

CATEGORY未分類
スプリング後半のレポート!
幼稚園組
朝からとっても元気な幼稚園キッズ!いつも通り体で英語を吸収します!最近取り入れたキッズヨガも大人気!ストレッチをしながらの発音練習(動物の鳴き声~Rやth,F、Vの発音を強化中!)、動詞を使った表現等を行い、集中力を高め、心と体をリラックス。英語モードへ脳を切り替えます!

また、以前英語劇で行った「アリババと40人の盗賊」より、盗賊が色々な種類の宝物を運び出す英語劇のシーンを使い、形容詞や反対語も体で吸収。例えば、重い物を運ぶ真似をしながら"Heavy"と英語を発言する事で、場面にあわせた英語が自然と口から出てくる環境を作ります!このエクササイズは、キッズの想像力や表現力を鍛える為に、アメリカの小学校の演劇クラスでも頻繁に使われている手法。私も演技の基礎クラスで学習して以来、大学の基礎演劇授業を担当した時にも利用していた演技法です。

今日は体験レッスンで来ていた2人も参加し、絵本、アルファベットゲームを行い、最後はイースターのクラフト!折り紙でひよこを作り、その後、キッズが自らお花等をどんどん作りました!また、白紙を渡し、自由な発想でイースターのポスターを作成!アルファベットで自分の名前を書いたり、学習した単語(卵やウサギなど)の絵をどんどん描いてくれました!想像力がどんどん膨らみ、2時間では足りないほど充実したレッスンでした!
spring2

小学生組
後半グループも、2日という短い時間で、トルコの寓話、「ホジャとゆで卵裁判」の英語劇の公演にチャレンジ!1日目にトルコの地理を学んだ後は、リーダーTちゃんを中心に、キャスト・ストーリー・ポスターを作成。Tちゃんはリーダーシップを存分に発揮。どんどん指示を出し、沢山の事がどんどん決まって行きます。英語歴も3年から5年のベテラングループでしたので、あえてキッズに任せて英語劇のシノプシスを作りました。(と言う事で、同じ題材を扱ったにも関わらず、全く違うお芝居が出来上がったのは印象的でした!)

2日目、いよいよ英語劇の練習!今回のテーマは~あえて難しいセリフを渡し、覚えきれない分は身振り手振りでカバーすると言う事!実際に海外で英語を使う時にとっても役に立つポイントです!とにかく覚えられた分だけのセリフを駆使して、なんとかコミュニケーションを取ろう!という姿勢を鍛えるための訓練です。これは、「間違えちゃいけない!」と思い込む、日本人が最も不得意とする分野。間違えても何でも発言するという姿勢を改めて学べたと思います。

最終的に、練習時間はトータルで2時間。たったの2時間と言う短い時間で、セリフを覚え、立ち位置を覚え、頭はフル回転で集中力も半端無く凄かったです。また、わからなくなったら覚えている事を何でも言いから発言して、芝居を続ける事。それが最も難しいポイントですが、さすがベテラン組。周りの状況を良く見ながら、お互いにサポートしつつ、最終発表でも最大の実力を発揮する事が出来ました!!!凄いのひと言!!!今後がもっと楽しみです!


0 Comments

Leave a comment