23
2010

2月キッズ演劇ワークショップレポート

CATEGORY未分類
梅の花ももうすぐ満開の春めいた日曜日、2月のワークショップ開催致しました!今月でワークショップ開催から約1年。与えられた問題に答えるのではなく、何も無い白紙から問題を定義し、自分の意見や考えだけを頼りに即興劇や小芝居等を行って来たこのグループ。ゲームやチームごとの課題を通して、チームワークにおける役割を十分に学んだキッズたち。2年目は「何か形になる物を残したい!」と言う事で、

ゼロから作る、キッズによる短編映画(ショート・ショート)の作成に挑みます!チャンスがあれば、コンテスト等に応募したい!キッズとは言えども、本格的な短編映画を作ろう!という企画です!

基本的には、演出、撮影、出演、編集全てキッズに任せて、思い出に残る映画を作ろう!という壮大なプラン。実は、私自身、自主製作映画に出演した事はありますが、映画を一から作った事はありません。演出や演技に関しては、英語劇や演劇ワークショップを通して知識を貯えたキッズですが、パソコンでの編集は未体験なので、CGや動画編集のプロである、やまぐさんに手伝ってもらって、PCスキルも学んでもらおうと思っています。

今日は最初の日。私自身、あえてカリキュラムを考えずに、子供たちの想像力の力に任せてこの課題に取り組みました。ワークショップ開催にあたって決めていた事は一つ。「日本の昔話を題材に短編映画を作る。」レッスンにちょっと早く来たM&M姉妹に今日の課題を話した所、「日本昔ばなしの本があるよ!」と言う事で、早速家まで取りにかえってもらい、その本を題材に壮大なる課題の始まり始まり!

本のおかげで、思っていたよりも簡単にアイディアがどんどん出て、たった1回のワークショップで随分とまとまりました!チームワークもばっちり、監督(リーダー)、監督助手、俳優、脚本、など、自分の得意分野を生かした役割分担もすぐに決まり、3時間のレッスンはあっという間に終わってしまいました。1年間のクリエイティブなレッスンが効果を発揮!嬉しい限りです。

自分の得意な分野を生かしながら、同じ目的を果たす為にチームで行動する事で、10年後、20年後、社会生活を送る為のプリレッスンになればと思います!

今回出来上がった草案は続きで!
映画

映画作成って思ったよりも大変!初めて参加の新たなるメンバーも大募集中です!次のワークショップは3月21日(日曜日)是非是非参加下さい!そして、映画製作にあたり、ママ・パパメンバーも募集中!衣装、小道具、俳優などなど、大人で参加したい方がいましたら、是非お知らせ下さい!映画なので、毎月1回の日曜日の3時間、そのうち10分でも構いません!
題材:日本昔話より~干支の誕生

配役:神様・ねずみ・牛・虎など。

監督:5年生のMちゃん
副監督:6年生のMちゃん
撮影:Gくん
出演:Kちゃん

本のお話を題材に、7つのシーンを作成。そして、約14カットのシーンに細かく分かれました。それぞれのシーンや細かいカットのイメージを監督が決め、副監督がイメージボードを作成。キャスティングは全員で行われました。全員で考えた結果、13人弱の配役に関しては、個人の特徴を生かして、即興にて撮影。神様のシーンの脚本は副監督により作成。

ワークショップに参加している人数よりも、配役の人数がはるかに上回る為、ぬいぐるみや絵コンテ等による演出も製作。キッズの想像力は計り知れません。映画の内容が決まった所で、タイムアップ。3月のワークショップでは、即興によるリハーサルを行い、順次撮影をするとの事。

一応、タイムリミットは今年の夏。どんな短編映画が出来上がるか、楽しみです!

0 Comments

Leave a comment