07
2009

レッスンレポート:振替レッスン

日曜日の合同振替レッスンのレポートです!

グループレッスンの良い所は、お友達と比べる事で、自分の英語に対するモチベーションが上がる事!グループレッスンでは勝負をかけた英語ゲームを取り入れる事で、「アルファベット練習するぞ!」や、「文章の読みをもっと出来るように!」など、競争心を刺激しています!年齢関係なく、レッスンを通して、よきライバルを見つけて、日頃のレッスンの励みにして下さい!

詳しくは続きで~

にほんブログ村 英語ブログ 子供英語教室へ
<幼稚園グループ>
まず始めにたっぷり1時間を使って、からだを使った英会話学習!まずは、動物の名前、動詞等を動きながら練習。発音も随分上達しました!

次に、1人ずつ前に出て、歌と踊りを披露しました!発表会も含めて、人前での発表には随分慣れて来た幼稚園グループ。恥ずかしがる事も無く、堂々と発表していました!

その後、発表会の歌の練習やお芝居の練習。英語のフレーズ発表の他にも、自分の立ち位置を覚える、舞台に立ったらおしゃべりをしない、など、周りの状況を良く見て、自分1人で考えて動いてセリフを言う、そんな状況判断能力も学習。小学校に入ってからの団体で行動する為のスキルも身につけました。最近では、授業中に座っていられいキッズが増えているそうですが、楽しくお芝居を通してレッスンをする事で、そんな問題も簡単に解消!

2時間目は、ボードゲームやカードゲームでアルファベットや単語の練習。勝負をする事で、「もっとアルファベット練習しなきゃ!」なんて嬉しい声も上がりました。次に絵本を4冊読み聞かせ。新しい絵本でしたが、場所の名前、動詞、フレーズ等をみんなで繰り返して練習。

最後は、テーマを決めて、(今回は冬と雪、裸の王様)英語で単語を言い、その単語のイメージを白い紙にお絵描き。これも時間制限を設けたので、キッズは真剣そのもの。単語がわからないと、イメージも膨らまないので、必死になって、英語を理解しようと努めていました!

<小学生グループ>
始めのウォームアップでは、今日はキッズが主体となってグループを動かします。日頃から練習している簡単な英語のインストラクションによるウォームアップを、キッズ一人一人が先生になって行います。英語禁止令も発令したので、自分の順番が回ってくるまで、知っている限りのウォームアップ・インストラクションを考えながら、なんとか英語を使おうと必死でした。例えば、"jump 5 times" "count 1 through 10" や、"big face, small face" 等。その後、英語によるシアター・ゲームを行い、英語とともに集中力を鍛える練習も。

2時間目は英語劇の練習。自分が出演しない劇もレッスンで練習していたので、突然の配役に驚いた様子でしたが、覚えている限りのセリフを駆使して、訳8個の劇を始めから通して練習。何がなんだかわからない状況に戸惑いながらも、頼れるのは自分だけ。私の英語でのインストラクションや他のキッズの英語を真剣に聞き、とても集中した状態で通し稽古を終えました。自分のセリフ以外にも、習ったフレーズを使う良い機会となりました。

また、英語が出来る帰国子女組と上級クラスキッズは、英語での即興劇も体験。お芝居の所々で、状況を判断して思いつく英語をどんどん言ってもらいました!思っていた以上に沢山の英語フレーズが登場し、わたしもびっくり!英語即興劇は、受け身になりがちな英会話レッスンの救世主。「自分から話そう」と言う空間を作ってあげる事で、キッズの能力を引き上げてあげらます。

3時間目は、ゲームとクラフト。ボードゲームでは、英語で質問された内容に答えられなければコマが進められない!という緊張の中、白熱した戦い。今回は5つほどの勝負を行い、最終的に飼ったキッズにはご褒美がありました!最後に、英語のインストラクションでクラフト。小道具の雪を作るグループと、プログラム用のお絵描き隊に分かれて、それぞれ英語でクラフトで授業終了。

幼稚園・小学生共に、あっという間の2時間!次回はウィンタースクールで同じ様なグループレッスンを行うので、是非参加して下さいね!

0 Comments

Leave a comment