24
2009

素晴らしき英語絵本の世界

英語の絵本をレッスンで利用するようになって、はや1年ほどが経過します。英語劇やフラッシュカード中心で行っていたレッスンに絵本が登場するようになり、その絶大なる効果に、私も驚くほど。自宅のリフォーム工事を行う際に、母が見つけた古い英語絵本。小学生の頃に私が大好きで何度も何度も読んでいた絵本に再度出会い、その古びた本でレッスンを始めたのがきっかけでした。

アメリカでは小学校の教科書になるほど浸透している、ドクター・スースの絵本を中心に、レッスンでは毎回3~4冊の絵本を読み聞かせしています。日本語の絵本に無いような、カラフルで楽しいイラストに、キッズは大喜び。ちょっとした文化体験にもなります。

また、カードとは違ってストーリー性がある絵本。単語の他にもフレーズを覚えるのにはもってこいの教材です。また、単純な読み聞かせではなく、ところどころ絵本にはないフレーズを追加して、英語での質問を行い、受け身ではなく参加型の絵本の読み聞かせを心がけています。そして、覚えた単語やフレーズを利用して、英語劇の練習をしています!

絵本、カード、英語劇(歌)と3本仕立てで、単語やフレーズを学習する事で、”あっ!知ってる!絵本に出て来た!歌に出て来た”と、覚えた内容がつながって、どんどん英会話が出来るように!


david

10月登場の絵本!"No! David!"

毎月2~3冊は新しい本が登場!今後も増えて行く予定ですので、楽しみにしていて下さいね!

レッスンではどんな絵本を使っているの?と気になったら、
ESL Theatre Projectの絵本のサイトを見て下さいね!
詳しく紹介しています!

にほんブログ村 英語ブログ 子供英語教室へ

0 Comments

Leave a comment