09
2009

英語で感情表現。

サマースクールの詳細はこちら。

レッスンのはじめに導入として行う、イングリッシュ・ウォームアップ。
英語のインストラクションに従って、英語でダンスをしたり、
英語の指示でマイムや動作をしたり。その他、歌やチャンツ、早口言葉等を行っています。

中でも、絵本と連動したアクティビティーは大人気!
最近キッズのお気に入りは、Glad Monster, Sad Monster
という絵本!モンスターシリーズで有名な本です。

楽しい、悲しい、怒りなど。感情表現豊かなモンスターが沢山登場!
絵本を読みながら、みんなで顔全体を使って感情表現!
自分で表現する事で、簡単に単語を覚えます!
絵本に慣れて来たら、体全体で楽しさを表現したり、悲しさを表現したり。

モンスター

こ~んなお面付きの絵本で、楽しく学習しています!
ちなみに、上が悲しいモンスター。下が、怒っているモンスターです。
幼稚園キッズはみんなお面が大好き!!!

小学生キッズは、とってもリアルに感情表現してくれます。
面白いです。
なお、小学生キッズには、絵本に出てくる基本の感情以外にも、
「驚き!」”annoying”(うざい、という言葉は使いたくはないのですが、日本語訳すると、一番しっくり来ます。など、その他の感情表現も練習中です。

身振り手振り、顔の表情豊かに表現する英語。
そんなオーバーアクションの言語を楽しく学ぶためにはおすすめの一冊です!

にほんブログ村 英語ブログ 子供英語教室へ

0 Comments

Leave a comment