22
2009

父の日~ワークショップレポート

CATEGORY未分類
父の日、ワークショップのテーマは、
”ありがとう~Thank you”
家族に対するありがとう、そして、博愛の精神、チャリティーについても少し学習しました。

だんだんと頭の回転や脳の反射神経がよくなってきたキッズたち。
シアター・ゲームでも、間違いや失敗を恐れずに、
自分の意見を即時に答える姿は印象的でした!
また、今回は久々に、即興劇~”おかしな黄色ずきん"にも挑戦!

レッスンの最後には、父の日に贈るカードの作成!
みんな思い思いのデザインで、カードを作りました!

カード父の日

とっても集中!とっても真剣!
ワーショップ

次回、7月のワークショップは、7月19日(日曜日)
テーマは、”夏
夏のイベント、BBQも行いますので、ワークショップに参加できなくても、
親子でBBQで楽しみましょう!!!
*Leiの家庭菜園の野菜も収穫してBBQで食べようね!

その他、詳しくは続きで~
カリキュラムの詳細

イングリッシュ・ウォームアップ
ワークショップ参加者で希望があれば、来年1月の発表会に参加できます!
その為に。
ワークショップでは、発表会の英語劇で利用する、英語のチャンツやフレーズ、歌、
また、ノイズ(雨の音等)を英語で練習中。

英語を習っていないキッズも、体を動かしながら、英語でウォームアップ。
簡単ダンスや、発音矯正のトレーニングで、心と体の緊張を解きほぐします。

今日は新しい表現、"Why?" と"Because"のミニダンスを練習。→これも劇で使います。
特に、"Thank you" の練習にも重点を置きました。thの発音も沢山練習。
その他、英語で♪ドレミの歌♪も振り付け付きで練習!
そして、雨音のノイズの大合唱!!!

はじめから大いに盛り上がり、約1時間のウォームアップ終了。

シアター・ゲーム
1:自分たちで遊びを作ろう!!
先月のテーマ、戦争と平和で行った、戦争ゲームが大人気。
「やろうやろう!」と言う事で、ちょっとカリキュラムを変更して。ミニ戦争ゲーム開始。

今回のミッションは、「より楽しいゲームを自分たちで作る事!」
ルール変更会議をして、みんなで決めて行きます。
例えば、今回は、兵隊として戦っても、死者の国へ行かずに、
負けたらお菓子だけを相手国に持って行かれる事。など。
交渉術も先月に比べて上達!

ゲームの途中で、今回はチャリティーについても少し学習。
ユニセフの資料を利用しながら、日本がどれほど豊かな国で、
どれだけ恵まれているかについて、学習しました。

2:アイスブレーカー:5秒以内に質問に答える!
先月同様、今月もアイス・ブレーカーを行いました!
(見知らぬ人との会話を、失礼無く始る為の、簡単な質問の事。)

質問はちょっと難しくなって、
「何をしたら、ありがとうと言われる?」や、「理由:why?なぜ」という事まで答えます。
間違えを恐れずに、とにかく早く答える練習!
考える暇もないキッズですが、Go!Go!Go!Go!とテンポよく答えていきます!
随分反射神経が鍛えられ、同時に自分の意見も言えるようになり、
進歩したものだなあ~と感動してしまいました。

おかしな即興劇~黄色ずきん
アメリカのキッズに大人気。穴埋め方式でMAD(おかしな)お話を作る、おかしなストーリー。
今日は赤ずきんに挑戦。

こんなかんじ。
(1)ずきんは、(2)をバスケットにいれ、(3)のお家に行きました。
(1):色
(2):おいしそうな香りがする食べ物
(3):家族(親戚を含め)の名前
1~3までは、アイスブレーカーで、思いつく単語を、みんなでどんどん決めて行きます。
今回は、
黄色ずきんは、パスタをバスケットにいれ、かげとら(いとこの名前)くんのお家に行きました。
といった感じで、おかしな黄色ずきんのお話が出来上がりました!
お腹を抱えるほどおかしなお話が出来上がり、即興劇で発表!
ナレーター、黄色ずきん、大きくて怖い蛇、たくましい新体操選手などのキャラクターもでき、
楽しい劇が出来ました!
想像力と表現力をを鍛える練習です。

最後はクラフト!
今日のクラフトは”感謝”の気持ちをこめて、父の日のカード。
ママカードも一緒に作りました。
自由な発想でなんでもあり!なクラフト創作の授業。
ネクタイ型のテンプレート以外は、何でもOK!
「これでいいの?」「色は決まっているの?」という質問もありましたが、
自分の思うカードを作ろう!と、それぞれ、個性溢れるカードが出来上がりました!

<追記>
4月より復活したワークショップ。
キッズの楽しそうな姿にこちらも感動です!
ゆとり教育が廃止され、いよいよお勉強中心の学習が行われつつある今、
子供の計り知れない想像力や才能を大切にしたい!
そんな思いで、自由な発想で、型にとらわれず、言いたい事は発言し、
子供の時にしか出来ない、楽しさを体験してもらえたらと思います。

0 Comments

Leave a comment