01
2008

12/1/08 児童英検のお知らせ

いよいよ12月!冬休みにクリスマス、お正月と楽しいイベントが盛りだくさん!そんな季節がやって参りました!気分はホリデー・モードのLeiですが、今日はもう一つ大事なイベントのお知らせ。それが、来年2月に開催される児童英検のお知らせです。

「英語劇にも出るし、英語も話せるし、英検も持ってるんだよ!」と。キッズのモチベーションを高める為、ESL Theatre Projectでは児童英検もお勧めします!興味がある方は、是非チャレンジしてみて下さいね!

<児童英検のお知らせ>
開催日:2009年2月8日(日)
受付期間:12月8日(月) ~ 2009年1月16日(金)(※協会必着)

ところで。児童英検ってどんなテスト?誰が受験できるの?
実は。ちょっと前まで英検否定派だった私。元々テストや検定が大の苦手で、「英検を持っていても英語が話せる訳じゃないし。」と、かなりネガティブに考えていました。しかし、「英語も話せて、英検も持っている!」ってかっこいいじゃないですか!!という事で、英検も積極的にお勧めしていきたいと思います。

<児童英検ってどんなテスト?>
ブロンズ、シルバー、ゴールドの3段階。基本から応用まで、徐々にレベルアップしていきます。
リスニングが中心のテスト。
英語が読めなくても、書けなくても大丈夫!絵を見て聞いて、答えを選びます。
合否がない、評価型。
目標は受かる事ではなく、英語の習得。落ちた、という挫折感がないのも特徴。
とにかくモチベーションが上がる!
英語劇の発表もそうですが、一生懸命に取り組んだ事が結果として評価される事で、子供たちの学習に対するモチベーションが上がります。英検を目標にする事で、もっともっと楽しくレッスンをしましょう!

<誰が受けられるの?>
ESL Theatre Projectで受験したいキッズがいたら、答えは全員!です。
でも、受験者全員が良い結果を出す為に、約束を考えてみました。
英語の勉強を最低でも半年以上は行っている事。
毎日10分でもいいので”必ず毎日”(無理なら2日に1回)お家で勉強する事。
お家でのお勉強とは、CD付きの児童英検テキストと、レッスン時にLeiが出す宿題です。語学習得に必要な要素は、一週間に1時間の集中勉強よりも、平日毎日10分間の勉強です。もちろん、もっと学習したい場合には、10分でも20分でも楽しく取り組んで下さい!
利用テキストは:はじめての児童英検 ブロンズ対応版です。(レベルによって違います)

また、受験希望者には、レッスン時にも英検対策を行っていきます。ちなみに、普段の授業で利用しているショートカンバセーションズは英検にも対応しているので、ほとんどのキッズが無理なく英検に取り組めると思います。その他に、英検対策特別レッスンやお家での勉強方法のヒントの授業も行いたいと思います(冬休み中、もしくは土日の週末)。

試験まではまだ2ヶ月ほどあるので、興味がある方は、是非チャレンジして下さい!詳しくは、児童英検ホームページを参考にしてみて下さいね!

追伸:受験者が5名以上集まれば、ESL Theatre Projectで試験が開催できるかも?知れません。

<レッスンレポート Tちゃん、Cちゃん、Aちゃん>
まずは先週総合テストに堂々1位で合格した、ショートカンバセージョンズ レベル2の総復習!"Do you like~?の質問にもすらすら答えられるようになりました!そして次に、「金の斧と銀の斧」の復習。こちらももう一息。次に今日はあたらしいセクション。クリスマスの総合学習の一環として、"The Nativity Story" キリスト降誕のミニ英語劇の練習。キリストさえ知らない3人組でしたが、知っている英語のセリフを利用したお芝居を通して、クリスマスの由来を学習する事が出来ました!クリスマスソングを歌って、次にドラゴン・村人のチャンツ。次に、ショートカンバセーションズのレベル3に突入し、フラッシュカードとムーブメントで動詞の練習を行いました。最後にフォニックスの復習で授業終了。今日もとっても楽しく学習が出来ました!

にほんブログ村 英語ブログ 子供英語教室へ

0 Comments

Leave a comment