16
2008

10/16/08 レッスンレポート

英語教授法の世界でも、賛否両論なこの話題。「英会話学習に文法は必要?」最近の研究では、日本の中学高校で学習する様な文法学習は、英語習得に全く意味がない!、なんて議論している人たちもいるみたいです。逆に、英語を聞き流すだけでペラペラ話せるようになるもの???
英語のネイティブの子供たちが英会話を自然に習得するように、英語を聞き流すだけでも英会話の習得は可能。ですが、ここで大きな問題が。あくまでも、ネイティブと同様の時間数の英語に接していればの話。でも、24時間英語漬けって、ちょっと無理ですよね。そこで便利なのが文法。毎日毎日英語漬けの生活を送っていれば、考えもせずに自然に身に付く文法ですが、そこまで英語に触れていない場合には、文法がとっても効果的なサプリメントに。

キッズにも文法を教え込んでいきます!といっても、あくまでも反復学習、体感学習としての文法。また、小学校中学年ぐらいになると、丸暗記で頭ごなしに覚えるよりも、基本的な英語の構造パターンを習得する方がわかりやすいみたいです。

それでも、レッスン以外に英語に接する機会が多ければ多いほど、英語は上達する事は間違いありません!ケーブルテレビに加入されている方であれば、ディズニーチャンネルの番組を英語でみたり、英語のディズニーCDを流したり。積極的に英語に触れてみましょう!

<Kちゃんレッスン・特別クラス(Mちゃんと共に)>
レッスンのはじめはお天気から!今日は晴れ!そして時間も聞いてみました!今日のレッスン開始は5時。今後、5時15分、6時45分など、難しい表現も学びます!

特別クラスのレッスンから。ユニコーンと都会の野良猫のリハーサル。今までの復習がメイン。新しいセリフをいくつか付け足して、約1ページ暗記しました。セリフは今までに学習した内容が多いので、すらすらと覚えていきます。特別クラスは、発音やイントネーションにも力を入れ、お芝居の演技を通して、よりリアルな英語表現が出来るようになりました!

次に。ペアのレッスンで行った、ショートカンバセーション・レベル1のスペシャル。レベル1の難しいバージョン。色々なあいさつの練習、「お水下さい」や、in/onの違いを練習しました。さすがのベテラン組なので、名詞や動詞の変化にも柔軟に対応。表現の幅が広がりました。

その後、今日はショートカンバセーション2の最後のセクション、新しい表現に入りました。このグループにはもうおなじみの表現。練習をして来週テストをします!Can you speak English?英語話せる?という表現です。

最後に、Kちゃんの歌の練習。振り付け付きで全部覚えたので、今日は発表を想定しての本番さながらのパフォーマンス練習をしました!そこで授業終了。今日もかなり気合いがはいったレッスンでした。この調子で、どんどん進んでいきましょう!

にほんブログ村 英語ブログ 子供英語教室へ


0 Comments

Leave a comment