14
2008

10/14/08 レッスンレポート

遊ぶ事こそ、最大の教育?西洋哲学の師匠とも言うべき、偉大なるプラトンの言葉。「最も効果的な教育とは、子供が素敵な物に囲まれて遊ぶ事。」紀元前5世紀(弥生時代ぐらい)に生まれたプラトンですが、そんな古代の時代に、子供の”教育”について考えていた事自体が驚き!です。最近の日本では、なかなか外で仲間と自由に遊ぶ事も少なくなってきましたが、ワークショップやパーティーなどでの子供の遊びを見ていると、驚く事が沢山!自分たちで適任なリーダーを選出し、リーダーになったキッズは決まりを作り、その決まりに従ってキッズたちは楽しく遊ぶ。自民党もびっくりな、プチ政治体制やマイ法律の制定、そんな難しい事を遊びを通して自然に行っているんですね~。でも、プラトンの言う、“素敵な物”って一体何でしょう?
witch 1
Kちゃんの魔女のクラフト。
“素敵な物”~仲間だったり、友達だったり、兄弟だったり、親だったり、先生だったり。面白い絵本だったり、かわいいおもちゃだったり、もしかしたらマンガやDSやプレステかも知れません!?Lei的には、ゲームもマンガも勉強です!(適度な利用ということではの話ですが)ゲーム大好きなS君は、ゲームから驚くほど沢山の英語を学んで、ゲームで学んだ難しい英語の意味を確認してきたりします。また、大学時代の塾講師のアルバイトの際に受け持った小学生の男の子も、マンガを通して難しい漢字を学んでいました。子供たちに取ってみれば、遊びも含め全てが勉強!ゲームでもマンガでもそれがモチベーションになってそこから発展していけば、とっても良い教材です。

プラトンの言う、“素敵な物”具体的には謎ですが、そんな素敵な物を探りつつ、キッズの遊びを応援していきたいです!ちなみに。教育界では有名なアッシャーも、英語で自由に遊ぶ事が、言葉を習得するには必要な要素だと言っています。

<Kちゃんレッスンレポート>
今日はあいにくの雨。そんな雨な日にもってこいな、クラフトで授業開始。今日は、ハロウィーンの魔女のクラフト!色、形、顔のパーツの名前、ハサミ、切る、折る、のり、等の英語を網羅しながら、とっても鼻が高い魔女さんが出来上がり!「ハロウィーンのコスチュームも決まったんだよ!」とお話もしてくれました!

その後、絵本の読み聞かせ。Old Hat New Hatは、もう暗記してしまうほど。10月の絵本、Fox in Socksも覚えていて、どんどん先に進みました!

次に行ったのが、アルファベットカルタ。単語もアルファベットも随分覚え、ばしばし取っていきました!ここで次のグループと合流。

<幼稚園3人組。Y君、M君、Hちゃん>
登場とともにハイテンション!小さなキッズが"Hello! How's it going?" "good and you?" "I'm good!"とネイティブ並みな挨拶をお互いにしていたのを聞いたリフォームの職人さんは、本気で驚いていました!そのテンションを維持しつつ、歌とチャンツの練習。沢山の歌を歌いました!

次に、幼稚園年長さん、ちょっとお姉さんのKちゃんがリーダーになって、野菜の名前カルタ!Kちゃんが読み、3人組が取りました。そしてクラフトに突入。Kちゃんがお手伝いしてくれて、先生役もこなしてくれました。ここでKちゃんは終了。

クラフトをこなした3人は、ハロウィンのかぼちゃゲーム。詳しくはココ。好きなカボチャを選んで、目、鼻、口を選び、オリジナルジャックオーランタンの出来上がり!絵本の読み聞かせの後、今日はほんの少しだけ、英語のアニメを見ました!ここで授業終了。今日も楽しくレッスンが出来ました!

witch 2
3人の魔女クラフトです!

にほんブログ村 英語ブログ 子供英語教室へ

0 Comments

Leave a comment