11
2008

第一回ワークショップ:カリキュラム~オリジナル劇の通し稽古

神奈川県相模原市発、自分たちで作る英語劇を通して。
世界中、どこにいっても大丈夫!
英語と自己表現を身につけよう!

rogo

2008年1月7日:第一回目:ワークショップの概要

はじめに~
今年はじめて、実験的にはじめたワークショップ。
10人の生徒さんが集まって、4時間あっという間に終わってしまいました。
普段は出来ない、グループワークや、大人数での英語劇の稽古を通して、
英語力だけではなく、集中力や協調性、自己表現力を高めました。

みなさんのご参加、ありがとうございます!
今後も、日曜日や休み中に、ワークショップ企画中!


<時間割>

Lesson 1: シアター・ゲーム(90分)
         ~休憩30分~
Lesson 2: 英語劇、ピーターパン・3匹の子豚の通し稽古(60分)
Lesson3: 英語劇:"The Silly Little Girl and the Funny Old Tree”(60分)
※①時間おきに、10分間の休憩が入りました。

<カリキュラム>

1:シアターゲーム
2:オリジナル英語劇の通し稽古
3:プロの英語戯曲の挑戦

<レポート>

1:シアター・ゲーム
2:オリジナル劇
3:プロの英語戯曲の挑戦・通称・木の劇

②カリキュラム・ピーターパン・3匹の子豚の通し稽古
全員参加のピーターパン。本番のお芝居さながらの集中力で、通し稽古をしました。今回参加していないキャストの役も、みんなで補いながら、ストーリーを確認しながらのお稽古。50分間の超大作に仕上がりました。ちなみに、キャスト全員の想像力で仕上がった、オリジナル作品です。ディズニーの「ピーターパン」とは違って、意外な展開?即興のシーンも加わって、最後までドキドキです!

3匹の子豚は月曜日の3年生グループ、3人のお芝居です。1人1人が発する、短いサウンドが奏でる音楽、サウンドマシーンというゲームからヒントを得て、生徒全員が、「音楽・音響の担当」をする事になりました。サウンドのタイミングも英語のセリフを理解していないとわかりません。全員が集中して、子豚たちのセリフをその場で覚えました!

にほんブログ村 教育ブログ 英才教育へ