11
2008

第一回:ワークショップ:レポート~木の劇

神奈川県相模原市発、自分たちで作る英語劇を通して。
世界中、どこにいっても大丈夫!
英語と自己表現を身につけよう!

rogo

2008年1月7日:第一回目:ワークショップの概要

はじめに~
今年はじめて、実験的にはじめたワークショップ。
10人の生徒さんが集まって、4時間あっという間に終わってしまいました。
普段は出来ない、グループワークや、大人数での英語劇の稽古を通して、
英語力だけではなく、集中力や協調性、自己表現力を高めました。

みなさんのご参加、ありがとうございます!
今後も、日曜日や休み中に、ワークショップの企画を


<時間割>

Lesson 1: シアター・ゲーム(90分)
         ~休憩30分~
Lesson 2: 英語劇、ピーターパン・3匹の子豚の通し稽古(60分)
Lesson3: 英語劇:"The Silly Little Girl and the Funny Old Tree”(60分)
※①時間おきに、10分間の休憩が入りました。

<カリキュラム>

1:シアターゲーム
2:オリジナル英語劇の通し稽古
3:プロの英語戯曲の挑戦

<レポート>

1:シアター・ゲーム
2:オリジナル劇
3:プロの英語戯曲の挑戦・通称・木の劇

③レポート:通称 「木の劇」

オーディション形式にする、って言ったとたんに、子供達の目つきが変わりました。
ちゃんとやらないと出演出来ない、って思ったのでしょうか。
かなり集中して出来ました。

今回のワークショップの課題。
「木になること」
3つのグループに分け、今までのレッスンで覚えた歌で、「木」を作ってもらいました。
それぞれのグループの「木」の表現、
本当に子供達の想像力には驚かされます。

グループ全員が協力し、木の形を作りました。
自分たちの体を幹にして、大きな木を作ったグループ。
ダンスを駆使して、風に揺られる枝を表現したグループ。
林のように、何本もの木をグループで表現したグループ。

それぞれのグループが発表し、全員の投票で、1つの「木の形」を選考。
選ばれたグループがリーダーとなり、参加者全員をまとめ、
全員で、「木」を作り、木の歌を練習しました。

木の歌は、私が勝手にリズムに乗せて、歌にしたのですが、
歌詞は、シンガポールの戯曲家、クオ・パオ・クンのセリフです。
英語も非常に難しかったのですが、リズムに乗った歌(チャントやラップのたぐいです)
にすることにより、意味も理解して、
なんとか形になりました。

子供達も、有名な戯曲家の英語劇に参加すること、
オーディションがあること。
で、かなり真剣に取り組みました。

にほんブログ村 教育ブログ 英才教育へ