01
2008

舞台の立ち位置で学ぶ英語。

舞台の専門用語で英語学習!アメリカやイギリスの舞台で実際に使われている専門用語を使って、
英語劇のリハーサル時にお芝居以外の英語を学びます!
stage

上の図は、演出家が俳優に立ち位置の指示を出すときに使うもの。
日本では上手、下手、なんて言いますね。

英語だと、
右、左 (Right, Left)
中央 (Center)
上、下 (Up Down)

で、セクションが別れます。
欧米の劇場では、俳優がお客さんを見て右側が~ステージライト。
俳優中心の舞台設定になっています。

演出家が、そのセリフで Upstage Right に行って、と言えば、
俳優は上図の一番右上に移動します。

右、左、ってなかなか覚えるのが難しいのですが、
毎回リハーサルの時に利用する事で、
体で覚えます!ベテラン組は随分反射神経が良くなってきました!

にほんブログ村 英語ブログ 子供英語教室へ

0 Comments

Leave a comment