11
2008

第一回:ワークショップ:レポート~シアターゲーム

神奈川県相模原市発、自分たちで作る英語劇を通して。
世界中、どこにいっても大丈夫!
英語と自己表現を身につけよう!

rogo

2008年1月7日:第一回目:ワークショップの概要

はじめに~
今年はじめて、実験的にはじめたワークショップ。
10人の生徒さんが集まって、4時間あっという間に終わってしまいました。
普段は出来ない、グループワークや、大人数での英語劇の稽古を通して、
英語力だけではなく、集中力や協調性、自己表現力を高めました。

みなさんのご参加、ありがとうございます!
今後も、日曜日や休み中に、ワークショップ企画中!


<時間割>

Lesson 1: シアター・ゲーム(90分)
         ~休憩30分~
Lesson 2: 英語劇、ピーターパン・3匹の子豚の通し稽古(60分)
Lesson3: 英語劇:"The Silly Little Girl and the Funny Old Tree”(60分)
※①時間おきに、10分間の休憩が入りました。

<カリキュラム>

1:シアターゲーム
2:オリジナル英語劇の通し稽古
3:プロの英語戯曲の挑戦

<レポート>

1:シアター・ゲーム
2:オリジナル劇
3:プロの英語戯曲の挑戦・通称・木の劇

<レポート>
①シアターゲーム

動きや言葉を中心としたゲームを楽しみました。
思った以上に集中して、1時間の予定が90分に!
今までのレッスンで学んだ単語を自発的に使い、
知らない単語は覚え、子供達も英語に対する自信がついたと思います。

子供達の集中力には私もびっくり!
リーダーが率先的にグループをまとめる姿も印象的でした。
ちなみに、リーダは年齢関係なく、グループで決めていました。

シアターゲームには、「間違える」事がありません。
○X式の教育を受けている子供達からは、
「これでいいの?」という質問もありましたが、
慣れたら、のびのびと自分の想像力を解放して、
ゲームに取り組んでいました。

沢山のゲームをこなしたので、詳細については、
シアターゲームとしてブログにアップしていきます!

にほんブログ村 教育ブログ 英才教育へ