archive: 2017年06月  1/1

舞台稽古の効果〜ティーンの場合。

レッスン後の話。現在、演出助手を務めている俳優目指す”今日さきら”(高2)が、これまた芸能界目指す中学生のくる美に、レッスン終了後スグに、何やら厳しく稽古をつけ始める。ミレニアル世代のさきらは、16歳にして自分の人生や夢、芸に対して超ストイックに真剣。先週から、自主練時間に歌パート演出を頼んでおいたのだが。かなり細かく、かなり厳しい。彼女も超真剣な眼差しで、ダメ出しを聞き、何度もなんども歌の稽古を重...

稽古や舞台でわかる「失敗のパターン」

4歳から6年生まで。お互いに良い刺激になる合同リハ。と、ココで。面白い記事を見つけたので、抜粋してシェア。↓http://www.mishimaga.com/special01/124.html内田樹先生「お稽古のススメ」という記事より。「お稽古事は「失敗するためにやる」」という項目について。要約すると、人間の失敗のパターンは同じだそうです。社会でも対人関係でも、舞台でも。あわてんぼうなら慌てて失敗。鈍感な人は空気読めなくて失敗など。そして...

芝居で、仕事が出来る社会人訓練!

小学1年&幼稚園のリハーサルより。✨英語の長セリフ暗記に気合入ってます!✨演出指導もしっかり聞いて、考えて動けるように!最近つくづく思うこと。学生の頃は、テスト成績だけで評価が決まりますが。社会人になった時に、大切なこと。「話を聞く→理解する・覚える→そして、自ら動く」紙の上だけの勉強ばかりしていると、「その場で聞いて、理解する」という行為はどうやら難しいらしい。特に芝居の稽古では。上手から入って、セ...